BootCampでMacにWindws10を新規インストールする方法

2015年7月29日にマイクロソフトよりWindows10が発売されましたね。MacにはWindows10のテクニカルプレビュー版をインストールし少し使用しましたが特に問題点もなかったため、Window10のISOデータを使用して新規にインストールすることにしました。

BootCampでMacにWindws10を新規インストールする

今回はWindows7のライセンスが余っていたのでWindows7のライセンス使ってWindows10を新規インストールしてみました。

Windows10をインストールするために必要なもの

MacにWindows10をインストールするためには標準機能のBootcampアシスタント機能を使ってインストールします。ファイルの保存にはUSBメモリなどの外部メティアが必要です。最低8GB以上のものを用意しておきましょう。

Windows10 ISOをダウンロード、保存する

まずはWindows10のISOデータをダウンロードしましょう。MicrosoftのWindows 10 ISOダウンロードページにMacでアクセスします。
Windows 10 ISOダウンロードページ

Windows10エディション選択

ページにはエディションと言語を選択する項目があるのでエディションは「Windows10」を言語は「日本語」を選択し「確認」ボタンを選択します。HomeやProのバージョンはインストール時に選択します。

Windows10ISOダウンロードボタン

画面が切り替わり、ダウンロードボタンが表示されます。Windows7のライセンスが64bit版だったので64bitを選択しダウンロードします。ISOファイル容量は64bit版で約4.2GB、32bit版で3.1GBありました。回線状態によっては時間がかかるのでダウンロードが完了するまでじっくり待ちましょう。

Bootcampアシスタントを使ってインストール

Bootcampアシスタント

Windows10のISOデータのダウンロードが完了したら早速インストールしましょう。空き容量が8GB以上ある外部メティアをMacに挿します。今回は16GBのUSBメモリを用意しました。アプリケーション>ユーティリティー>Bootcampアシスタントを起動します。

BootCampアシスタントを起動

まずはアプリケーション>ユーティリティーから「BootCampアシスタント」を選択します。

続けるを選択

BootCampアシスタントウィンドウが開くので「続ける」を選択します。

作業内容

作業選択画面にすすみます。今回はWindows10をインストールするのですべての項目にチェックをいれ「続ける」を選択します。

っg

Windows10のISOデータ保存先を選択し、インストール作業に必要なデータを保存するためのUSBメモリを選択します。

パーティション選択

Windows10用のパーティションを選択します。あとから容量を変更することはできないのでよく考えて割り当てましょう。今回はWindows用に90GB保存容量を割り当てました。容量を選択したら「インストール」を選択しWindows10のインストール作業を開始します。

bootcampアシスタント

セットアップが始まるのでしばらく待ちましょう。

Windows10インストール、設定

しばらくするとWindows10のインストールが始まります。

スポンサードリンク

もし真っ黒な画面が表示されて進むことができなくなったら

Windows10 インストール時に真っ黒な画面

Windows10のインストール画面に行く前に真っ黒が画面となって「No bootable devise– insert boot disk and press any key」と表示が出たら一旦電源ボタンを押しシャットダウンします。その後電源ポタンを押し起動するときにキーボードの「option」ボタンを押しながら電源ボタンを入れましょう。

Windowsを選択

起動選択画面に進むのでこの画面で「Windows」のアイコンを選択し起動するとインストール画面に進むことができます。

言語、キーボード種類を選択

セットアップ画面に進み、言語、国、キーボードタイプなどを選択します。ウィンドウ右下の「次へ」をクリックします。

ライセンスキー入力画面

ライセンスキー入力画面に進むのでWindows7のライセンスキーを入力します。セットアップが完了した後でもできる手続きなのでスキップでとばしました。

バージョン選択

バージョン選択画面に進みます。HomeバージョンとProバージョンの選択画面に進むので持っているライセンスに応じて選択します。持っているライセンスがWindows7ProなのでProの方を選択しました。

ライセンス確認画面

ライセンス確認画面が表示されるので「同意をします」にチェックボックスを入れ「次へ」を選択します。

ンストール先確認画面

インストール先選択画面に進みました。まずはBootCampの名前になっているドライブを選択し「フォーマット」を選択します。

確認画面

確認画面が表示されますが構わずに「OK」を選択しましょう。

Bootcampを選択

先ほどフォーマットしたドライブを選択し「次へ」を選択します。

Windows10インストール開始

Windows10のインストールが始まるのでしばらく放置しておきましょう。

Windows10ライセンス確認画面

しばらくすると設定画面に進みます。もう一度ライセンスキー確認画面が表示されますのでWindows7のライセンスキーを入力します。今回は最後に認証するのでスキップしました。

Wi-Fi設定

次に無線接続の設定画面に進みます。この設定もセットアップが完了した後に行えるのでスキップしました。

簡単設定

初期設定項目に進みます。今回は「簡単設定」を選択しました。

ユーザー登録画面

最後にユーザーアカウント設定画面に進むのでユーザー名とパスワードを設定し「次へ」を選択しましょう。最終セットアップが始まるのでしばらく待ちましょう。

以上でWindows10のインストール、設定は完了です。Windows10のインストールが終わってもそのままでは使うことができません。キーボードやトラックパッド、スピーカーなどを使用できるようにするためBootCampドライバをインストールしましょう。

BootCampドライバをインストール

Bootcampインストーラー

Windows10が起動すると、キーボードやトラックパッド、スピーカー、Wi-Fiなどの機能を使えるようにするためBootCampインストーラーが自動で起動します。ウィンドウ内右下の「次へ」を選択します。

BootCampインストーラーが起動しなかったら?

bootcampインストーラー

もし、自動起動されなかった場合は、インストール時に用意した外部メティア内の「setup」アイコンをダブルクリックすると起動します。

ライセンス確認画面

使用許諾契約書確認画面が表示されるので同意を選択し「インストール」を選択します。

インストールをまつ

インストールが開始されるのでしばらくまちましょう。だいたい5分程度でした。

インストール完了

無事インストールが完了しすべての設定が終わりました。

再起動

最後に再起動しすべてのWindows10のインストール作業が完了しました。

現時点ではWindows10はサポート外

少しWindows10を使用していますが、特にトラブルもなく使用出来ています。ただし、2015年7月29日時点でAppleはWindows10のインストールはまだサポートしていませんので自己責任で行いましょう。

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

関連記事

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト