MacにインストールできるWindows10ライセンスをマイクロソフトに聞いてみた

Virtualbox windows10 11

Windows10をMacにインストールする場合、どのライセンスが最適なのかマイクロソフトに問い合わせてみました。

Windowsのライセンス体系

Windowsのライセンス体系は企業や教育向けなどたくさんありよくわかりません。今回は初めてWindows10をMacにインストールする場合に最適なWindows10ライセンスを教えてもらいました。

マイクロソフトストアに問い合わせてみた!

Microsoft Store

ライセンスの問い合わせにはマイクロソフトストアのサポートのチャット機能で聞いてみました。初めてチャット機能を使いましたが、すぐに返答が戻ってきたのでとってもよかったです。

MacにインストールできるWindows10は?

マイクロソフト(詳しくはマイクロソフトストアの人)への問い合わせでわかったことはWindowsのライセンスにはパッケージ版とDSP版の2種類があり、それぞれ導入方法によって条件が異なるということです。

スポンサードリンク

パッケージ版

現在Windows10を持っておらず、これから新規にインストールするためのライセンス。よくわからなければこれを買っておけばOKということです。

DSP版

Windows10のライセンスと一緒にパソコンパーツも同梱されているタイプ。Windowsをインストールするためには付属のパソコンパーツを組み込むことが条件。

まとめ

まとめると、最近のMacBookAirやMacbookProなどメモリやハードディスクが交換できない機種の場合はパッケージ版を、iMacなどのメモリやハードディスクが交換でき、DSP版に対応部品がセットで購入できればDSP版がおすすめということです。

ただし、価格を見てみると、Windows HomeバージョンはDSP版よりパッケージ版の方が安い場合があるので価格を確認しましょう。

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

関連記事

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト


「BootCamp」カテゴリの人気記事

まだデータがありません。