VirtualBoxでWindows10を入れたらGuest Additionsをインストールしよう

無料の仮想化ソフトVirtualBoxを使ってMacにWindows10をインストールすることができたら、使いやすいようにGuest Additionsをインストールしましょう。

GuestAdditions(ゲストアディッション)とは?

このGuestAdditions(ゲストアディッション)はパフォーマンスや操作性が向上するようにオペレーティングシステムを最適化するデバイスドライバとシステムアプリケーションです。以下、GuestAdditionsをインストールすることで追加で利用できる機能です。

  • マウスポインタの統合
  • 共有フォルダ
  • 高解像度ディスプレイのサポート
  • ウィンドウサイズの変更
  • シームレスウィンドウ
  • 時刻同期
  • 共有クリップボード
  • 自動ログオン

参考:VirtualBox Guest Additions

以下VirtualBox5.0でMacにWindows10をインストールした環境となります。

Guest Additions(ゲストアディッション)をインストールする

Windows10をインストールしたらGuestAdditions(ゲストアディッション)をインストールしましょう。

GuestAdditionsのインストール

VirtualBox上でWindows10を起動した状態で、上メニューのデバイス>Guest Additions CDイメージの挿入を選択します。

PCメニューを表示するとCDドライブに「VirtualBox Guest Additions」がマウントされているのでダブルクリックしファイルを開きます。

GuestAdditionsを起動する

VBoxWindowsAdditionsを起動

ファイル内の「VBoxWindowsAdditions」をダブルクリックします。

VBoxWindowsAdditions インストール

インストール画面が表示されるので「Next」をクリックします。

VBoxWindowsAdditions インストール

インストール先選択画面に進みます。そのまま「Next」をクリックします。

VBoxWindowsAdditions インストール

インストールするファイルを確認して「Next」をクリックします。

インストール確認画面が表示されるので「インストール」を選択します。インストールが開始され、完了したらWindows10を再起動させましょう。これでインストールは完了です。

まとめ

Windows10にGuestAdditionsをインストールしたら、Mac⇔Windowsのコピペやファイルのやりとりなどが便利になります。必ずインストールしておきましょう。

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

関連記事

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト


「VirtualBox」カテゴリの人気記事

まだデータがありません。