Boot Camp設定 Tigger 設定編

Boot Campアシスタントを使用しMacのハードディスクを分割しWindowsのパーティションを作成、WindowsOSをインストールしていきます。主な作業は、

・Macintosh Drivers CDの作成
・Windows用パーテーションの作成
・Windowsのインストール
・Windows用ドライバのインストール

の4点です。BootCampアシスタントアイコンをダブルクリックしてBootCampを起動しWindowsのインストールディスクを用意、指示に従って作業すれば、だれでもWindowsXPの起動まで簡単に進めることができます。

1.アプリケーション>ユーティリティより「Boot Campアシスタント」をダブルクリックし開始します。
BootCamp起動画面

2.ベータ版のため注意画面が表示されます。「OK」ボタンをクリックします。
BootCamp評価用注意画面

3.Boot Campアシスタントが起動します。「続ける」ボタンをクリックします。
※「Boot Camp設定とインストールガイド」を必ずプリントアウトして確認しながら作業をすすめましょう。
Boot Campアシスタント起動画面

4.「Macintosh Drivers CDの作成」画面が表示され、Windows用のドライバ作成を行います。ドライバディスクを作成するので、「Mac Windows Driversディスクを今すぐ作成」を選択し「続ける」をクリックします。
BootCampBata Macintosh Drivers CDの作成画面

5.ディスク作成画面が表示されるのでブランクのCD(もしくはDVDでも可)をドライブに入れ、「ディスクを作成」ボタンをクリックします。
BootCampドライバ書き込み画面

書き込みが終わるまでしばらくそのままにしておきます。
BootCampドライバ書き込み中画面

6.Windows用のパーティションサイズを設定します。 
BootCampWindows用パーティションサイズ設定画面 
●Boot CampでWindowsの領域を確保するときの注意点
WindowsのXPではディスクフォーマットの形式を選択できます。
WindowsVistaはNTFS形式のみ、WindowsXPはNTFS形式とFA32形式を選択できます。MacOSXはNTFS形式を読み出せますが、書き込むことはできません。しかし、FA32形式であれば32GB以下という容量の制限がありますが、Mac OS Xから読み込みと書き込みができるようになります。

インストールするOS

インストールディスクサイズ

32GB以下

32GB以上

Windows XP

FAT32

NTFS

Windows Vista

NTFS

NTFS

Windows用のパーティションは標準で5GBとになっていますが、実用の点から考えると容量不足になります。必要最低限インストールするだけでもWindowsXPで10GB以上、WindowsVistaでは20GB以上をお勧めします。また、一度設定したパーディションサイズは後から変更することはできません。容量を決めるときはよく考えて決めましょう。

7.パーティション作成中と表示されるので完了するまでそのままにしておきます。
BootCamp パーティション作成中画面

8.Windowsのインストールディスクをセットし、「インストールを開始」をクリックします。あとはWindowsのインストール画面の指示に従って操作していきます。
BootCampBataWindowsのインストールを開始 

 

Windows Vistaインストール画面へ
Windows  XPインストール画面へ
 

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

関連記事

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト