MacでWindowsを動かすメリット

MacでWindowsを動かすメリットはいろいろあると思いますが、主なメリットは以下のポイントになると思います。

  • Macでは対応していないソフトが使える
  • Windowsを使いたいためだけに新たにパソコンを購入する必要がない
  • MacとWindows両方のOSを切り替えて使える

Mac未対応のソフトが使える

Windowsの方が多くの人に使用されている関係上、Windowsのみに対応しているソフトやサービスというものがたくさんあります。いまだに一部の会計ソフトやアプリケーションなどWindowsのみ発売されていてMacには未対応…。ということもザラにあります。そのためどうしてもソフトを使用したい時にはWindows搭載PCを別途用意する必要がありました。

スポンサードリンク

新たにパソコンを購入する必要がない

Windows搭載PCを追加で購入すると行った場合、購入費用も最低で数万はかかり設置スペースも取ってしまいます。しかし、BootCampや仮想化ソフトを使用すれば、以前よりも格段に少ない投資費用とMac1台分のスペースでMacとWindowsを使い分けて使用することが可能となります。

MacとWindows両方のOSを切り替えて使える

現在Windowsを使用していてMacに乗り換えてみたいな…と思っている方や、プライベートではMacを、ビジネスではWindowsを使用している方(逆の方も)には今まで持っているWindowsのソフトをそのまま使用することができ、好きなタイミングでMacやWindowsに切り替えて使用することができるようになります。

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

関連記事

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト