VMware Fusion 5を使ってMacでWindowsを使うために確認すること、用意するもの

MacでVMware Fusion 5を使うために必要なものと確認することをまとめてみました。

MacにVMware Fusion 5をインストールする前に確認すること

最初にVMware Fusion 5をインストールするために必要なMacのスペックは下記のようになります。

VMware Fusion 5システム要件

  • 対応OS: MacOS X 10.6.7(Snow Leopard)以降
  • CPU: 64bit intel CPU (Core 2 Duoプロセッサ以降) 2Ghz以上
  • インストール容量:VMware Fusion に750MB、OSインストールに最低5GB以上
  • メモリ: 2GB以上 4GB以上を推奨
  • DVDドライブ※

DVDドライブはVMware Fusion 5とWindowsをインストールする場合に必要になります。VMware Fusion 5ダウンロード版、WindowsインストールISOイメージがある場合は必要ありません。
上記説明がよくわからないという方は何も考えずDVDドライブを用意しましょう。

参考記事:MacでWindowsインストールディスクをISOイメージに作成する方法

CPUについて

ここ1,2年に発売されたMacであれば問題なくインストール可能です。

インストール容量について

Mac Book Airなどのフラッシュストレージを採用しているモデルの場合、保存容量が少ない場合があります。個人的には最低30GB以上の空き容量がないと運用では厳しいので空き容量を確認しましょう。

メモリについて

Macを起動しながらWindowsを起動するため単純に2台分のメモリが必要になります。推奨は」4GB以上となっていますが、Windows7やWindows8を起動したい場合、最低8GB以上はほしいところです。メモリはたくさんあった方が快適に動作させることができます。

対応しているWindowsバージョンを確認する

VMware Fusion 5でインストールできるWindowsのバージョンは以下の通りです。WindowsXP、Vista、Windows7、Windows8のすべてのバージョンがインストール可能です。

  • Windows XP(すべてのバージョン)
  • Windows Vista(すべてのバージョン)
  • Windows 7(32ビットおよび64ビットを含むすべてのバージョン)
  • Windows 8(すべてのバージョン)

VMware Fusion:システム対応表(英語)

スポンサードリンク

MacにVMware Fusion 5をインストールする前に用意するもの

VMware Fusion 5をインストールする前に用意するものは以下のものが必要になります。

  • VMware Fusion 5ソフト
  • WindowsインストールCD

VMware Fusion 5ソフト

当たり前ですがVMware Fusion 5ソフトが必要ですね。これがないと始まりません。

windowsインストールディスク

windowsインストールディスクが必要になります。インストールしたいWindowsバージョンのインストールディスクを購入しましょう。

Windows7 64bit DSP版

Windows7 32bit DSP版

Windows8

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

関連記事

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト