VMware FusionでBootCamp領域を起動する場合追加でWindowsライセンスが必要に!

Windowsを発売しているマイクロソフトが2012 年 10 月にライセンスの解釈飲み直しを行いました。その際にBootCamp領域に保存されているWindowsを仮想化ソフトVMware Fusionなどで起動する場合、別途ライセンスが必要に変更されるということになりました。

参考記事:Microsoft パーティション分割と仮想化を併用した際のライセンスについて

今後の対応方法として

今後の方法としては、2つ方法があります。

  • 1.仮想化ソフトにBootCampデータを以降後、BootCamp領域を削除する
  • 2.追加でWindowsライセンスを購入する

なかなか追加でライセンスを購入することは難しいので1の方法になる人が多いかもしれないですね。BootCampと仮想化ソフトをお使いの人はWindowsのライセンスにご注意ください。

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

関連記事

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト