Mac OS X Snow Leopardが発売されました

2009年8月28日Mac OS X Snow Leopardが発売されました。
BootCampも2.1から3.0にバージョンが上がり、新機能が追加されたので紹介します。
新機能は以下のとおりです。

  • Mac ボリュームを読み込む
  • Windows が起動されると、Boot Camp 3.0 を使って Mac OS X ボリューム上のファイルを開いて読み込むことができます。Mac OS X ボリュームから Windows パーティションに写真、書類などのファイルをコピーすることもできます。

  • Apple Cinema Display の拡張機能のサポート
  • Boot Camp のコントロールパネルには、Apple Cinema Display の電源ボタンの動作を変更して、ディスプレイの明るさのコントロールを無効にできる新しい機能があります。

  • 「タップでクリック」機能のサポートの改善
  • トラックパッドをタップしてマウスボタンをクリックする機能が、Boot Camp を稼動するすべての Mac ポータブル製品でサポートされています。

  • コントロールパネルの「起動ディスク」のコマンドラインバージョン
  • Boot Camp を使ってコマンドラインユーティリティから Windows が稼動している Mac の起動ディスクの選択をシステム管理者が変更できるようになりました。

Apple Boot Camp 3.0, Mac OS X 10.6 FAQより

今回のバージョンアップでの注目点はWindowsからMacボリュームを読み込むことができるようになった点でしょうか。
Windowsのウィルスに感染するのを防ぐため読み込みのみの対応とはいえ、ファイルを参照したい場合などに重宝しそうです。
ほかのApple Cinema Displayのサポートや「タップでクリック」機能のサポートの改善などは現在の使用環境では
使用しない、あまり使わない機能なのでこれからのバージョンアップに期待しましょう。

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

関連記事

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト