Mac OSX v10.7 Lion BootCamp設定編

Mac OS X Lion環境でBoot Campアシスタントを使用しウィンドウズをインストールします。
主な作業は以下のとおりです。

  • Windows用パーテーションの作成
  • Windowsのインストール
  • ドライバのインストール

Boot CampアシスタントアイコンをダブルクリックしてBootCampを起動しWindowsのインストールディスクを用意、指示に従って作業すれば、だれでもWindowsの起動まで簡単に進めることができます。

BootCampアシスタント必要なもの

Mac OS X Lion 10.7環境の場合、Windows7のみ対応となっているので注意が必要です。XPやVistaは非対応となっています。
インストール前にWindows用の設定ファイルを用意する必要があるのでUSBメモリかDVDを用意しておきましょう。

スポンサードリンク

BootCampアシスタントでWindows用パーテーションを作成する

1.アプリケーション>ユーティリティより「Boot Campアシスタント」をダブルクリックします。

Boot Campアシスタントをインストールする

2.Boot Campアシスタントが起動します。「続ける」ボタンをクリックします。

※「Boot Camp設定とインストールガイド」を必ずプリントアウトして確認しながら作業をすすめましょう。
アシスタントを起動し続けるをクリック

3.作業の選択画面に進みます。Windowsドライバを作成するか、Windows7をインストールするかを選択できます。
初めてWindows7をインストールする場合、両方にチェックボックスを選択し「続ける」をクリックします。

インストール、ドライバ作成を選択

4.Windowsサポートソフトウェアを保存する画面に進みます。CDまたはDVDやUSBメモリなどに作成するかを選択し「続ける」をクリックします。

 
Windowsサポートソフトウェア作成する

5.Windowsをインストールする領域作成画面に進みます。Windows7に最低必要容量は40GB以上となっているので40GB以上を選択しましょう。
今回はLion領域とWindows領域を均等に設定するため「均等に分割」を選択し「インストール」をクリックしました。
Windows用パーティション作成画面

6.Windowsをインストールする領域が作成されます。あとはWindowsのインストール画面の指示に従って操作していきます。
Windows領域が作成される

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト