BootCampでMac OS XとWindowsの起動を切り替える方法

BootCampアシスタントを利用してWindowsをインストールすることができたら、Windowsを起動してみましょう。OSを選択して起動する方法は、あらかじめ設定してあるOSで自動的に起動する方法と、起動時にOSを選択する2つの方法があります。

Mac OS Xで起動ディスクを変更する

1.システム環境設定内にある「起動ディスク」をクリックします。

MAC起動ディスク

2.コンピュータの起動時に使用したいOSをクリックし、「再起動」をクリックします。
Mac起動ディスク変更

Windowsから起動ディスクを変更する

Windows7の場合

1.スタートメニューから「コントロールパネル→システムとセキュリティ」を選択し一番下にある「BootCamp」アイコンを選択します。

BootCampアイコンを選択

2.起動ディスクタブにコンピューターの起動時にいつも使用するOSを選択し「OK」をクリックします。

起動OSを選択しOK

スポンサードリンク

Windows XPの場合

1.スタートメニューを開き、「コントロールパネル」をクリックします。

コントロールパネル XP

2.「パフォーマンスとメンテナンス」をクリックし「BootCamp」をクリックします。

パフォーマンスとメンテナンス
BootCamp

3.BootCampコントロールパネルより、「起動ディスク」タブをクリックし、コンピューターの起動時に使用するOSを選択し「OK」をクリックします。

起動ディスク

Windows Vistaの場合

1.スタートメニューを開き、「コントロールパネル」をクリックします。

vista_スタートメニュー  

2.「システムとメンテナンス」をクリックし画面下にある「BootCamp」をクリックします。

コントロール パネル

システムとメンテナンス

3.BootCampコントロールパネルより、「起動ディスク」タブをクリックし、コンピューターの起動時に使用するOSを選択し「OK」をクリックします。

起動ディスク

システム起動時にOSを選択する

システムの再起動時、シャットダウンから起動するときにキーボードの「option」キーを押しつづけることで、起動ディスクの選択画面を表示することができます。

1.キーボードの「option」キーを押しながら本体の電源ボタンを押します。

起動時にoptionを押す

2.選択したOSで起動します。

起動OSを選択する

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

関連記事

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト