アップル、Mac OS X 10.6 Snow Leopardを発売

アップルは28日、Mac OS X Snow Leopardの出荷を開始した。

Snow Leopardでは、最大16Tバイトメモリの対応やOpenCLのサポート、Microsoft Exchange Serverへの対応、QuickTime XやJavaScriptを高速化した最新版Safariなどの新機能が搭載されている。

Mac OS X 10.6 Snow Leopard

Mac OS X 10.6 Snow Leopard

現行Mac OS X v10.5“Leopard”からのアップグレード価格は29ドル(1ユーザー)/49ドル(5ユーザー)で、日本国内での販売価格はそれぞれ3300円/5600円。

また、Mac OS X v10.4“Tiger”がインストールされたIntel Macのユーザーに向けに、今回登場するSnow Leopardと最新のiLife ’09/iWork ’09をセットにした「Mac Box Set」を169ドル(1ユーザー)/229ドル(5ユーザー)で販売する。こちらの国内販売価格はそれぞれ1万8800円/2万4800円だ。なお、Podcast Producer 2やMobile Access Serverなどの新機能を持つ次期サーバOS「Mac OS X Server Snow Leopard」も同日発売される。価格は無制限クライアントライセンスで5万3800円。

ITmediaより抜粋:アップル、最新Mac OS X「Snow Leopard」の発売日を8月28日に決定

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

関連記事

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト