Appleより「Boot Camp 3.1」がリリース、「Windows 7」をサポート

アップルがWindows 7に正式対応する「Boot Camp 3.1」をリリースしました。
Boot Capm 3.1では、新たにWindows 7(Home Premium、Professional、Ultimate)のインストールをサポート。32bit版、64bit版ともインストール可能で、Windows 7をサポートするのはMac OS X 10.6環境のみです。

このほか、Windows VistaからWindows 7へアップグレードする際に起こる不具合を回避する「Boot Camp Utility for Windows 7 Upgrade」と、21.5型/27型の最新iMacにWindows 7をインストールするのに必要なドライバ「iMac Late 2009 Windows 7 Drivers」もリリースされました。
27型iMacではBoot Camp 3.0に含まれるドライバが2560×1440ドット表示をサポートせず、Windows 7をインストールする途中で画面がブラックアウトしてしまう問題が知られている(このため、27型iMacにWindows 7をインストールするには、これまでコマンドプロンプトから手動でATIドライバを削除するなどの手順を踏む必要があった)。

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

関連記事

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト