OS X Lionに対応した仮想化ソフト「Parallels Desktop 7 for Mac」発売

パラレルスは、Mac OS X Lionをサポートした仮想化ソフト「Parallels Desktop 7 for Mac」を発表しました。
http://macbootcamp.net/

WindowsソフトでもMission Control/Launch Pad/フルスクリーンといったLionの新機能を使用できるようにあった他、Snow Leopard上でLionをゲストOSとしてインストール可能となっています。さらに、Lion(ホストOS)上で、ゲストOSとしてLionを動作させることも可能となりました。
 また、従来のメインメモリー割り当てに加えて、ビデオメモリーの割り当てを設定できるようになり(最大1GB)、ゲストOS側の描画が高速化されています。
大きな変更点は下記の通り。

  • OS X LionのゲストOSとしてサポート
  • WindowsソフトでもMission Control/Launch Pad/フルスクリーン化といったLionの新機能を
  • 全般的なパフォーマンスの改善

Parallels Desktop 7 for Mac に必要なシステム要件

  • Core 2 Duo 以上 の Intel プロセッサ搭載Mac。(Intel Core Solo および Core Duo プロセッサには非対応)
  • 2GB以上のメモリ(Windows 7 の動作には 4GB以上を推奨)
  • インストール用として700MB のハードディスク空き容量
  • 仮想マシン用のスペース15GB以上
  • Mac OS X Lion 10.7 以上
  • Mac OS X Snow Leopard 10.6.7 以上
  • Mac OS X Leopard v10.5.8 以上

ラネクシー Parallels Desktop® 7 for Mac

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

関連記事

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト