Parallels Desktopを使って仮想領域にWindowsをインストールする XP編

Parallels Desktopを使って仮想領域にWindowsXPをインストールすることができます。
インストール方法は下記の通りとても簡単です。

1.「アプリケーション」から「Parallels Desktop」をクリックします。
「Parallels Desktop」をクリック

2.「Parallels Desktopへようこそ」と表示がでるので画面左下の「MacでWindowsを実行」をクリックします。
MacでWindowsを実行をクリック

3.新規仮想マシン作成ウィザードが開始されるので「続行」をクリックします。
「続行」をクリック

4.Windows XPインストールデータをDVDメディアもしくはイメージデータから読み込むのか選択し「続行」をクリックします。
「続行」をクリック

5.「ユーザー名」、「プロダクトキー」を入力し「続行」をクリックします。
「ユーザー名」、「プロダクトキー」を入力し「続行」をクリック

6.構成の確認画面が表示されるので「作成」をクリックします。また、Macとの共有を有効にするかを選択できるので「ファイルの共有を有効にする」にチェックしておきます。
「作成」をクリック
7.Parallels DesktopにWindows XPのデータ領域が作成されます。インストール作業に進むために「スタート」をクリックします。
「スタート」をクリック

8.WindowsXPのインストールが開始されるので約1時間ほどで完了します。
Windows XPのデータ領域が作成される

9.pralells Toolsが自動的にインストールされるのでインストールが終了するまで待ちます。
インストールが開始される

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

関連記事

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト