Boot Camp領域をバックアップする WinClone 2.3.3(Lionまで対応)

Boot Campで作成した領域はMac OSのバックアップ機能(Time Machine)ではバックアップをしてくれません。MacとWindows両方使用使用していると調子が悪くなってしまう時があるので定期的にバックアップをとっておきたいものですね。
そこで今回はBoot Campで作成したWindows領域をイメージ(一つのファイルにまとめる)にしバックアップできるフリーソフト「WinClone」を紹介します。WinCloneは簡単な操作でBoot Camp領域すべてのデータをまるごとイメージ化しデータのバックアップが可能です。現バージョンは2.3.3となっており、OS X Lionまで対応しています。

Mac OS X 10.8(Mountain Lion)以降をお使いの方はWinClone3.0以上が必要になりライセンスを購入する必要があります。
・参考記事:Mountain Lion以降のBoot Camp領域をバックアップする WinClone 4.0

WinCloneのインストール~起動まで

1.WinCloneを下記サイトからダウンロードします。

WinClone
http://bubba.org/winclone/
WinCloneをサイトからダウンロード

2.ダウンロードしたファイルをマウントし、Wincloneアイコンを「Applications」にNTFSProgsフォルダをライブラリフォルダにドラック&ドロップします。
これだけでインストール完了です。
Wincloneインストール

3.アプリケーションフォルダよりWincloneアイコンをダブルクリックします。
Wincloneインストール

スポンサードリンク

WinCloneの使い方 バックアップ編

早速BootCamp領域をバックアップしてみましょう。

1.「アプリケーション」から「Winclone」をアイコンをダブルクリックします。
Wincloneインストール

2.初期起動時に寄付の案内ウィンドウが表示されます。今回は次に進むので「Agree」をクリックします。
次回から表示させたくない場合は左下のチェックボックス内にチェックします。
Winclone寄付画面

3.スタートアップ時にアップデート確認するかの表示がでるので今回は「Yes」を選択しました。
Winclone寄付画面

4.「Source」欄がBootCamp領域選択されているのを確認し画面右下の「image」を選択します。
Winclone寄付画面

5.保存先選択画面が表示されるので任意の場所を選択し「OK」を選択します。
Winclone寄付画面

6.Boot Camp領域イメージ化が始まります。大体30GBで約1時間程度かかります。
イメージが作成される

7.イメージが無事作成できました。「OK」をクリックします。
イメージ完成

作成したファイルはバックアップするデータに左右されますが、実ファイルよりも少ない容量となります。
定期的にバックアップしておいたり、違うOSを使い分けるなどの使い方もできますね。

次は保存したバックアップイメージから復元する方法を説明します。

WinCloneでバックアップしたイメージから復元方法

1.Wincloneの操作画面より「Restore」タブを選択します。
Restoreタブを選択する

2.「Restore Image」欄からバックアップしたイメージを選択し画面右下の「Restore」をクリックします。
Restoreタブを選択する

これでバックアップイメージから復元することができました。大変便利なソフトなのにフリーで使えるのでみなさんも積極的に利用してください。

おまけ Wincloneを日本語化に対応させる

有志の方々によってWincloneを日本語化にするためのファイル、手順が紹介されていましたので紹介します。

1.日本語ファイルを下記ページよりダウンロードします。

Winclone日本語化ファイル
http://en.sourceforge.jp/ticket/browse.php?group_id=1277&tid=27010
日本語化ファイルをダウンロード

2.アプリーケションフォルダ内の「Winclone」アイコン上で右クリック→パッケージの内容を確認を選択します。
パッケージの内容を確認する

3.ダウンロードしたファイルを展開しContents→Resourcesフォルダ内に移動します。
日本語化ファイルをコピー

4.改めて起動するとあっさりと日本語化に対応しました。
Winclone日本語化

日本語化はとっても簡単なのでおすすめです。

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

関連記事

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト