Mountain Lion以降のBoot Camp領域をバックアップする WinClone 4.0

WinCloneはBootCamp領域にインストールされているデータをバックアップしてくれるソフトです。WinClone 2.3.3までは無料で使用できましたが、 WinClone3以降は有償となってしまいました。Mac OS X 10.7(Lion)までのバージョンであれば無償バージョンのWinClone 2.3.3を使用することができますが、Mac OS X 10.8(Mountain Lion)以降は有償ライセンスのみ対応となっています。

WinCloneを使ってできる機能は以下の機能です。

  • BootCamp領域のバックアップ
  • BootCamp領域を復元

WinCloneの購入からインストールまで

Wincloneを購入からインストールまでの手順です。

Wincloneを購入する

Wincloneホームページ

Wincloneサイトに行き画面右側の「Buy Now」アイコンをクリックします。

・Winclone公式サイト

通常のWinclneを選択

Wincloneライセンス選択画面に進みます。WinClone Pro版は無制限のMacにいれることができるライセンスになっています。最初に選択できるWinClone($29.99USD)は最大2台のMacにインストールすることができるので通常バージョンを選択しました。購入時点の金額は29.99でした。

PayPal支払い画面

PayPalで支払います。PayPalに利用登録を行い、右下の「同意して支払う」を選択します。

ソフトとライセンスファイルをダウンロード

決済が完了すると、ソフトのダウンロード画面に進みます。ソフトのダウンロードとライセンスファイルの2種類をダウンロードしましょう。

Wincloneをインストールする

ダウンロードしたWinClone

ダウンロードしたWinCloneファイルを選択します。

Winclone.pkgを選択

Winclone.pkgファイルを選択します。

Wincloneインストーラーが起動

Wincloneインストーラーが起動するので右下の「続ける」を選択します。

インストールをクリック

インストール確認画面が表示されるので「インストール」をクリックします。

インストール完了

無事インストールが完了しました。

ライセンス登録を行おう

Wincloneを起動する

無事インストールが完了したところでライセンスを登録しておきましょう。アプリケーションの「Winclone」を選択し起動します。

Wincloneを起動する

上部バーのWincloneから環境設定を選択します。

Wincloneを起動する

ライセンス情報項目を選択し、購入時にダウンロードしたライセンスファイルを選択します。

Wincloneを起動する

無事ライセンスのインストールが完了しました。

スポンサードリンク

WinCloneを使ってBootCamp領域をバックアップする方法

Wincloneを起動する

早速WinCloneを使ってBootCamp領域をバックアップしましょう。まず、アプリケーションの「Winclone」を選択し起動します。

BootCamp領域を選択

画面左側にBotCamp領域が表示されているので選択し、右下の「イメージを保存」ボタンを選択し、保存先を選択します。

BootCamp領域バックアップ完了

BootCamp領域が30GBの場合、大体15分程度でバックアップが完了しました。

イメージ保存したファイル容量を確認してみた

Windows8.1使用容量

Wincloneを使って無事バックアップファイルが保存さてたところでファイル容量を確認してみました。BootCamp領域は30GBにて作成し、Windows8.1を新規インストールしたところです。30GB中、約15GB使用しています。

wincloneイメージ容量

Wincloneを使ってバックアップしたイメージファイルの容量を確認してみると5.21GBでした。約3分の1に圧縮されています。これだけ容量が圧縮されていれば、USBメモリなどに保存しておくことも可能なので手軽にバックアップできますね。

Wincloneの使い方としては新しいMacにBootCamp領域を移行させたり、BootCamp領域をあとから増やしたりと色々と活用ができそうです。

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

関連記事

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト