VMware Fusionを使ってBootCamp領域から起動する(設定編)

VMware Fusionを使用すればBootCamp領域を利用しMacを起動した状態でWindowsを起動することがでできます。

個人的な意見として、仮想化ソフトを検討している方はとりあえずBootCampでWindowsをインストールし、必要に応じて仮想化ソフトで起動するかBootCampで起動させるかを状況に応じて使い分けるのがいいかと思います。
今回はVMware Fusionを使ってBootCamp領域から起動する方法を説明します。

1.「アプリケーション」から「VMware Fusion」をクリックします
「VMware Fusion」をクリック

2.VMware Fusionのバージョンが上がっていると下記のような表示がでるのでサイトから最新バージョンをダウンロードして最新版に更新しておきましょう。
最新版に更新

3.VMware Fusionへようこそと表示されますが、今回は仮想マシンを作成しないため「閉じる」をクリックしウインドウを閉じます。
「閉じる」をクリック

4.仮想マシンのライブラリに自動的にBootCamp領域が登録されているので左側のアイコンをクリックし起動します。
左側のアイコンをクリック

5.アカウントパスワードを要求してくるのでパスワードを入力し「OK」をクリックします。
「OK」をクリック

6.仮想マシンとしてBootCampパーテーション。
BootCampパーテーション

7.Windowsライセンス認証画面が表示されるので「はい」をクリックし認証画面に進みましょう。
認証画面に進み

8.ライセンス認証方法選択画面が表示されるので今回は「はい、いますぐインターネット経由でライセンス認証の手続きを行います」を選択し「次へ」をクリックします。
ライセンス認証方法選択画面

9.ユーザー登録選択画面が表示されるので今回は登録せず次へ進みます。「いいえ、Windowsのライセンス認証の手続きを行い、ユーザー登録は今後行いません」を選択し「次へ」をクリックします。
ユーザー登録選択画面

10.認証がインタネット経由で完了されます。最後に「OK」をクリックします。
最後に「OK」をクリック

11.VMware Toolsのインストールが開始されるのでインストールが完了するまで待ちます。
VMware Toolsのインストールが開始される

12.新しいハードウェアが検出されますが.VMware Toolsのインストールが完了するまでそのまま待ちます。
インストールが完了するまでそのまま待ち

13.VMware Toolsのインストールが完了しシステム設定の変更ウィンドウが表示されるので「はい」をクリックし再起動します。
VMware Toolsのインストールが完了

これでbootCamp領域から起動する設定は完了です。

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

関連記事

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト