VMware Fusion5を使ってMacにWindows7をインストールする

仮想化ソフトVMware Fusionを使ってMacにWindows7をインストールする方法をまとめました。
これからVMware Fusion5を使ってMacにWindowsを入れたいけどどうしたらいいの?という方の参考にしていただけければ幸いです。

VMware Fusionとは

複数OSを起動できる

VMware FusionとはMacでWindowsを起動するための仮想化ソフトです。主な特徴として、Macを起動したままWindowsを起動するできるようになります。この記事ではMac OS 10.8(Mountain Lion)でVMware Fusion5を使用する方法を紹介します。

参考記事:Mac上でWindowsを起動できる仮想化ソフトVMware Fusionとは

VMware Fusion 5を使ってMacでWindowsを使うために確認すること、用意するもの

モデル番号

VMware Fusion5を使ってWindowsを使用する際、Macを起動した状態でWindowsを起動させるためMacとWindowsの処理の負荷がかかるため本体のスペックが高くなってしまいます。
得にメモリ容量については最低8GB以上はほしいところです。

参考記事:VMware Fusion 5を使ってMacでWindowsを使うために確認すること、用意するもの

MacにVMware Fusion5をインストール

使用できる条件や用意するものを確認したところでVMware Fusion 5をインストールしましょう。VMware Fusion5をDVDドライブに入れ、デスクトップに表示されたVMware Fusionアイコンをダブルクリックします。

アイコンをクリック

VMware Fusionのウィンドウが表示されるのでアイコンをクリックしインストールを開始します。

VMware Fusionアイコンをクリックしインストール開始

ソフトウェア使用許諾契約にどういするため「同意する」をクリックします。

同意するをクリック

ライセンスキー入力画面に進むのでキーを入力し「OK」を選択します。

ライセンスキーを入力

無事インストールが完了しました。初期画面でVMware Fusionでできることが表示されます。とりあえずスキップで終了しておきましょう。

チュートリアル画面が表示される

Windows7をインストールする

VMware Fusion5がインストールできたところでWindows7をインストールましょう。今回インストールしたのはWindows7 Professional 64bitです。

VMware Fusion5を起動する前にWindows7インストールディスクを挿入しておきましょう。

インストールディスクを用意しておこう

VMware Fusion 5を起動しウィンドウ左上の+ボタンから「新規」を選択します。

新規を選択

VMware Fusionが挿入されているWindows7インストールディスクを判断し、Windows7 Professional 64bitと表示されます。「このオペレーティングシステムをインストール」が選択されていることを確認し「続ける」を選択します。

インストールするOSバージョンの確認

Windows簡易インストール画面が表示され、アカウント名やパスワード、Windowsプロダクトキーを入力することでインストール途中の入力の手間を省く事ができます。赤枠の項目を入力し「続ける」を選択します。

Windows簡易インストールを選択

統合選択画面に進みます。Windowsを起動した際にどれだけMacと違和感がないようにするかを選択します。あとから変更することも可能なのでここでは「よりシームレスに」にし「続ける」を選択しました。

統合選択画面

仮想マシンの概要が表示され仮想マシンの構成が完了しました。概要を確認し「終了」を選択するとWindows7のインストールが始まります。

仮想マシンの構成が完了

自動的にWindows7のインストールがはじまるのでインストールが完了するまでしばらくまちましょう

Windows7インストールが開始される

スポンサードリンク

VMware Tools がインストールされているか確認しよう

VMware Fusionを使ってWindowsのインストールが完了した後に、VMware Toolsがインストールされているかを確認しておきましょう。VMware ToolsとはVMware社から無償で提供されているユーティリティソフトでインストールしたOSの機能を向上させたりMac⇔Windows間のデータのやりとりをカンタンにする機能をもっています。VMware Toolsをインストールしていないとすべての機能が使用できないので必ずVMware Fusionをインストールしておきましょう。

Windowsを起動後上部のメニューバーより「仮想マシン→VMware Toolsのインストール」を選択します。
※ここの表示がVMware Toolsを再インストールとなっている場合、すでにインストールが完了しているのでこれからの手続きは不要です。

VMware Toolsのインストールを選択

インストール確認画面が表示されるので「インストール」を選択します。

インストールを選択

ドライブにVMware Toolsソフトがマウントされるので「setup.exeの実行」を選択します。

setup.exeの実行を選択

VMware Toolsインストール画面に進むので「次へ」を選択します。

次へを選択

セットアップ方法は標準を選択します。

標準を選択

インストールを選択します。

インストールを選択

しばらく待つとインストールが完了するので「終了」を選択します。

終了を選択

Windows7を再起動後VMware Toolsが有効化されます。

再起動を選択

通常はWindowsインストール時に自動的にインストールされますが、稀にインストールされない場合が有るため念のため紹介しました。

Macのスペックに最適化させよう

プロセッサとメモリの割り当て

Windows7をインストールしたら、仮想マシンのプロセッサ(CPU)やメモリ容量の割り当て量の設定も行いましょう。偏った設定を行うとMacとWindowsの処理が追いつかなくなり動作が不安定になります。適切な設定を行いましょう。

参考記事:VMware Fusion5の設定をMacのスペックに最適化させる方法

VMware FusionでWindowsを違和感なく使用できる3つの方法

色々なモード

VMware FusionでWindowsを表示させる方法は3タイプあります。それぞれに特徴がありますので作業環境にあった方法にモード切り替えを行いましょう。

参考記事:VMware Fusion 5でWindows7を違和感なく使う3つの方法(シングル、ユニティ、フルスクリーンモード)

BootCampのWindows領域をVMware Fusion5使って起動する方法

BootCamp領域から起動

すでにBootCampアシスタントを利用してWindows領域がある場合、VMware Fusionを使ってMacを起動したまま起動することができます。

参考記事:BootCampのWindows領域をVMware Fusion5使って起動する方法

VMware Fusion5でBootCamp領域を起動時、別途ライセンスが必要!

BootCamp領域から起動

2012年10月よりBooCamp領域を仮想化ソフトで起動する場合、別途追加ライセンスが必要になりました。起動時には移行後、BootCamp領域を削除するか、追加でライセンスの購入が必須となりますのでご注意ください。

参考記事:VMware FusionでBootCamp領域を起動する場合追加でWindowsライセンスが必要に!

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

関連記事

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト