BootCampドライバをインストールする Vista編

Windows Vistaインストール後、グラフィックやキーボードなどのドライバを設定する必要があります。Mac OSX10.5のインストールDVDにドライバが用意されているので、Windows起動後にドライバのインストールを実施します。

1.WindowsVistaで起動しMac OS X10.5のインストールDVDを挿入する
Mac OSX10.5のインストールDVDを挿入すると自動再生画面が表示され、「seltup.exe」をダブルクリックしプログラムを実行します。
BootCampドライバをインストールする 1 

 2.ユーザーアカウント制御の確認が表示される
確認画面が表示されるので「続行」をクリックします。
BootCampドライバをインストールする 2 
 
3.BootCampインストラーが表示される
「ようこそBootCampインストーラへ」ウィザード画面が表示されるので「次へ」をクリックします。
 BootCampドライバをインストールする 3

4.使用許諾契約書が表示される
使用許諾契約書をよく読み、「使用許諾契約書に同意します」をクリックし「次へ」をクリックします。
 BootCampドライバをインストールする 4

5.追加の機能と設定を選択画面が表示される
チェックボックスが選択されていることを確認し、「インストール」をクリックします。 
BootCampドライバがインストールされる 5 
 
6.BootCampドライバがインストールされる
自動的にドライバがインストールされるのでしばらく放置しておきます。  
BootCampドライバをインストールする 6 

7.BootCampインストーラが完了する
BootCampのインストールが終了するので「完了」ボタンをクリックします。
 BootCampドライバをインストールする 7

8.再起動を行う
BootCampのインストール終了後再起動することを聞いてくるので、「はい」ボタンをクリックし再起動を行います。
BootCampドライバをインストールする 8
 

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

関連記事

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト