仮想化ソフトウエア「VMware Fusion 3」の発売日が10月28日に決定

アクトツーは10月14日、Mac OS X Snow Leopardに対応した仮想化ソフトウエア「VMware Fusion 3」のダウンロード版の販売を、10月28日より開始すると発表しました。価格は通常版が7980円、アップグレード版が4600円。なお、パッケージ版の発売日は11月6日で、価格は1万800円。

 「VMware Fusion 3」は、Mac OS X 上でWindowsなどを動作させられる64ビット・ネイティブモードに対応した仮想化ソフトウエア。今回のバージョン3ではWindows 7に正式対応しており、「Windows Aero」のアニメーションや3Dグラフィックスの表示もできる。また、Windowsのデスクトップ画面を表示せずにアプリケーションが使える「ユニティモード」では、Mac用のソフトウエアと同様に起動して利用可能。さらに、Windows環境をMacに移すための「移行アシスタント」機能も用意している。

 対応するOSは、Mac OS X 10.5.8および10.6以降とのことです。

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

関連記事

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト