Parallels Desktopを使ってBootCamp領域から起動する(設定編)

Parallels Desktopを使ってBootCamp領域から起動する(設定編)

Parallels Desktopを使用すればBootCamp領域を利用しMacを起動した状態でWindowsを起動することがでできます。

個人的な意見として、仮想化ソフトを検討している方はとりあえずBootCampでWindowsをインストールし、必要に応じて仮想化ソフトで起動するかBootCampで起動させるかを状況に応じて使い分けるのがいいかと思います。
今回はParallels Desktopを使ってBootCamp領域から起動する方法を説明します。

1.「アプリケーション」から「Parallels Desktop」をクリックします
「Parallels Desktop」をクリック

2.「Parallels Desktopへようこそ」と表示がでるので画面右下の「Parallels Desktopの使用を開始」をクリックします。
画面右下の「Parallels Desktopの使用を開始」をクリッ

3.自動的にBootCamopのデータが読み込まれParallels Desktopに登録されます。
Parallels Desktopに登録される

4.BootCamopのデータから起動させるため画面左上の「スタート」ボタンををクリックし起動します。BootCamopから起動する表示画面が表示されるので「OK」をクリックし次へ進みます。
画面左上の「スタート」ボタンををクリックし起動します

5.Windowsが起動され自動的にParallels Toolsのインストールが始まります。インストールを開始させるため「Install」をクリックしインストールを開始します。
「Install」をクリックしインストールを開始します

6.Parallels Toolsのインストールが終わるまでしばらく待ちます。
しばらく待ちます

これでbootCamp領域から起動する設定は完了です。

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

関連記事

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト