Parallels Desktop for Macとは

Parallels Desktop 4.0 For Mac(Amazon.co.jp購入者対象:その場で500円割引き)

Parallels Desktop for MacはIntelベースのMac上で、Mac OS XとWindows、Linux、その他のOSとアプリケーションの同時実行ができるソフトウェアです。
BootCampと比べ、OSを切り替えるたびにMac OS Xをシャットダウンする必要がなく、MacとWindows間のデータ移行や切り替えが簡単に行えます。ドラッグ&ドロップによる簡単なファイル共有(フォルダ共有も可能)、Coherenceモードを搭載しており、ハードウェア面ではMacに内蔵されているiSightやUSB、そしてDVDドライブなどサポートしています。

商品名:Parallels Desktop 4.0 For Mac
発売元:ラネクシー
価格:1万2500円
URL:http://www.runexy.co.jp/enterprise/parallels4_mac/outline/
対応OS:Mac OS X 10.4.11以上、10.5.2以上
※別途WindowsOSインストールディスクが必要

システム条件
対応機種:Intelプロセッサ搭載Mac(1.66GHz以上)
対応OS:Mac OS X 10.4.11 以上、Mac OS X 10.5.2 以上
メモリ:1GB(Windows Vistaのインストールには2GBを推奨)
ハードディスク空き容量:450MB(仮想マシン用のスペースも別途必要)

主な機能

  • ゲスト OS に複数のCPU割り当てをサポート
  • ゲスト OS で 64-bit サポート
  • ゲスト OS で Mac OS X Server をサポート
  • DirectX 9.0 OpenGL 2.1をサポート
  • SmartGuard で定期的なバックアップが可能
  • iPhoneアプリケーションを提供
  • 再起動せずに、WindowsとMac OS XをIntel Mac上で同時に使用可能
  • ウィザードによるインターフェイスで簡単にセットアップ可能
  • 快適なスピードでWindowsを実行
  • 全画面モードでWindowsを実行可能
  • Mac OS XのデスクトップにWindowsアプリケーションのウィンドウを表示(コヒーレンスモード)
  • Parallelsの共有フォルダツールを使えば、WindowsとMac OS X間で簡単にファイルの共有が可能
  • ネットワークを自動的にセットアップ
  • 各OSに独自のモニタを割り当てるデュアルモニタ機能をサポート
  • Windows、Linuxなどの複数の「仮想マシン」を同時に実行可能
  • ハードディスク内のパーティション作成は不要
  • 内蔵されたParallels Compressorを用いて、ハードディスク容量を節約し、
  • 仮想マシンのパフォーマンスを向上させることが可能
  • Parallels DesktopからのBoot Campアクセスが可能
  • Windows XPがインストールされたPCを仮想マシンに簡単に移行するParallels Transporter
  • Mac OS Xと仮想マシン間で、ファイルをドラッグ&ドロップ可能
  • USB 2.0をサポート
仮想マシンのゲストOSのソフトウェア要件
Mac
■Mac OS X Leopard Server 10.5.x
■Mac OS X Snow Leopard Server 10.6.x (実験的なサポート)
Windows
■3.1 ■NT Server
■3.11 ■Server 2000
■95 ■Server 2003
■98 ■Server 2008
■XP Professional 、 Home Edition ■Vista Business、Ultimate、Enterprise、
Home 、 Home Premium
Linux
■CentOS ■Debian
■SUSE ■Fedora Core
■OpenSUSE ■Mandriva
■Red Hat ■Ubuntu
■Red Hat Enterprise ■Xandros
その他
■FreeBSD 7.0 & 6.2 ■Solaris 10 & 9
■OS/2 Warp 4.5 ■MS-DOS 6.22
■eComStation 1.2 ■OpenBSD 3.8

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

関連記事

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト