Parallels Desktopを利用してBootCamp領域を起動する

Parallels Desktop for Macを利用すればBootCampアシスタントで作成したWindows領域を読み込みMacを起動したままWindowsを起動することができます。
BootCamp領域を利用した起動方法は以下のようになります。

1.「アプリケーション」から「Parallels Desktop」をクリックします
「Parallels Desktop」をクリック

2.「My Boot Camp」と表示されている項目をダブルクリックします。
My Boot Campをダブルクリック

3.BootCamopのデータが読み込まるので「スタート」をクリックしWindowsを起動します。
「スタート」をクリック

4.BootCamop領域にあるWindowsを起動することができました。
Windowsを起動

Parallels Desktop for MacはBoot Campで作成したWindowsデータ領域を利用して簡単に起動することができるので、お勧めとしてはBoot CampでWindowsをインストールし、パフォーマンス重視でWindowsを使いたいときにはBoot Campからの起動を行い、Macを起動しつつWindowsのファイルやアプリケーションを併用して使いたい場合にはParallels DesktopからBoot Camp領域を読み込む使い方が一番メリットがありそうです。

スポンサードリンク

この記事をシェアする!

関連記事

Google広告

サイト内検索

仮想化ソフト